腰や肩の痛み、交通事故によるむち打ちなどお気軽にご相談ください。

trafficaccident

交通事故に遭われた方へ

患者さまの事故負担0円 治療費や診断書料を負担することは、原則ありません 少しでも痛みや不快感があれば、絶対に放置しないでください

交通事故による体への被害は、普段の生活では傷めないような部分もダメージを受けることが非常に多くあります。
そのまま放置してしまうと、機能障害、二次的障害(腰痛や肩こり)へと発展することもありますので、早期にきちんとした処置を受け、症状が完治するまで、継続的に通院されることをお勧めします。

交通事故でなりやすい症状

・むち打ち ・腰の痛み ・各種腰痛 ・股関節痛
・足の痛み(膝・足首の不調) ・手の痛み
・手のしびれ ・頭痛など

交通事故治療のご案内

交通事故後の注意点

事故処理が終わったら病院へ

念のために病院へ行き精密検査を受けることをお勧めします。
むち打ちや痛みについては当日に痛みがあるわけではなく後日痛むことがあります。
その際、診断書を書いてもらうことで人身事故扱いとなり自賠責より保険請求が可能となりますので、大丈夫と思わず病院へ行きましょう。

当院にご連絡ください

交通事故・事故後の後遺症などについては当院へご連絡ください。
その際、保険会社に深見接骨院に通院する旨をお伝えください。
当院は、夜8時まで診療を受け付けておりますので、仕事帰りですと整形外科などの病院の受付時間が終わってしまい、なかなか通院ができない患者様も多くご来院いただいております。

当院にご連絡ください

どんなに些細な事故でも、その場で加害者と示談するのはやめましょう。
そして”必ず警察に連絡する”ことが大切です。
交通事故の場合、目立った外傷が無くとも首の痛みや吐き気、頭痛、腰の痛みなどが出ることが多々あります。そんな中、軽い気持ちで示談してしまったが故に、後で加害者に連絡しようとした場合に連絡先が分からないといったケースをよく耳にします。
嫌な事は早々に、そして円滑に話を済ませたいお気持ちが出てしまうかもしれませんが、ご自身の健康を最優先に考えて丁寧に対処するという心掛けが必要です。

page-top